自然と人間の
豊かな関係を見つめ直す
新しいネイチャーフォトへ
peaceful relationship between
nature and human,
toward new-nature photo.
今年で4回目となるこのアワードは、国際的に活躍できる才能を発掘するのがミッションです。新しいネイチャーフォトの時代を作る皆さまのご応募を心よりお待ちしております。 以下4つをキーとして、意欲ある作品を歓迎しています。
We are planning to hold the fourth awards for nature photography and our mission is to dig up hidden talent. The following are four keywords of artwork. We look forward to your application.

keyword

01

問い続けること

人間と自然の共生とは何か、未来に向けいかに人間は生きるのか。写真を通して私たちは今、問い直しを迫られています。

keyword

02

ニューネイチャーとは

本アワードの開催には、旧態依然としたネイチャーフォトを巡る環境に風穴を空け、次のステージへ押し上げる狙いがあります。

keyword

03

3つの切り口

「アートとしてのネイチャーフォト」「人とネイチャーの共生」「フードとネイチャー」の3つの部門を切り口に、自由な表現に挑戦してください。

keyword

04

自由な写真表現

既存の写真表現にとらわれることなく、写真を通じ確かな観察眼で自然と対話した、意欲ある作品をお待ちしています。

応募結果

2016/11/27の公開審査会の結果、各賞は以下の通りとなりました。おめでとうございます。
来年のKAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARDにもご期待ください。

審査員

「目利き」審査員として、現代写真芸術の第一線で活躍するキュレイターや写真家をキャスティングしました。

後藤 繁雄

Shigeo Goto

編集者/クリエイティブ・ディレクター/京都造形芸術大学教授/G/P gallery ディレクター/川場村アート文化大使

上田 義彦

Yoshihiko Ueda

写真家/キュレーター/KAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARD 審査員

石川 直樹

Naoki Ishikawa

探検家/写真家/KAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARD 審査員

沖本 尚志

Takashi Okimoto

編集者/KAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARD 審査員

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川場村ってどんなところ?

2013年から始まった「川場ネイチャーフォトフェスティバル」は、豊かな自然環境に恵まれたこの川場村を拠点としています。

群馬県川場村は1980年代より東京世田谷区と都市協定を結び、「農業プラス観光」を軸とした独自の戦略を展開してきました。年間160万人の集客力を持つ「道の駅田園プラザ」は、全国モデル道の駅に選ばれるなど高い評価を受けています。
道の駅田園プラザ http://www.denenplaza.co.jp/index.html

過去の受賞者

多数の応募の中から選ばれたノミネート作品を、川場村にて野外展示しています。その後審査員による公開審査を経て、入賞者を決定します。

Scroll Up