応募概要

今年もKAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARDの公募をスタートします。今回は従来の応募方法だけでなく、ウェブサイトでの応募受付も開始しました。
今年で4回目となるこのアワードは、「アートとしてのネイチャーフォト」「人とネイチャーの共生」「フードとネイチャー」の3つの部門を設定した上で、国際的に活躍できる才能を発掘するのがミッションです。新しいネイチャーフォトの時代を作る皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

[ 応募受付期間 ]

2016年7月1日(金)ー 8月23日(火)

※消印有効

[ 審査員 ]

上田義彦/写真家・キュレーター
石川直樹/写真家・探検家
沖本尚志/編集者
後藤繁雄/京都造形芸術大学教授

[ 3つの部門 ]

A:アートとしてのネイチャーフォト部門
B:人とネイチャーの共生部門
C:フードとネイチャー部門

01

応募資格はキャリア、年齢、国籍、性別を問いません。

02

【応募フォームから応募】、もしくは【お申し込み用紙に必要事項をご記入】の上、ポートフォリオ&着払い伝票と一緒に下記事務局までご送付ください。

ポートフォリオ送付先
KAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARD 事務局宛
〒150-0013東京都渋谷区恵比寿1-18-4
NADiff A/P/A/R/T 2F G/P gallery内
TEL:03-5422-9331

03

応募料は無料となります。ただしポートフォリオ返却のため、返信用封筒または着払伝票を必ず同封してください(あらかじめポートフォリオの返送先住所を記入し、郵便の場合は切手を貼ってください)。

1次審査

ポートフォリオによる審査。審査は後藤繁雄+事務局により行い、2次審査に進むノミネート作品、約30~40作品を決定します。ノミネートされた作品は特典として、年間160万人の集客力を持つ道の駅田園プラザにて、約1ヶ月間野外展示されます。
1次審査を通過した方々には事務局からメールにて連絡いたします。その際に、作品データとご自身のポートレート写真の送付をお願いしております。

2次審査

ノミネートされた作品を道の駅川場田園プラザにて野外展示した上で、お送りいただいたポートフォリを元に豪華審査員による公開審査を行います。公開審査は2016年11月末に行われます(具体的日程は後日お伝えします)。また、ノミネート作家は公開審査時に本人が出席することが必須となります。

受賞および受賞式

グランプリおよび各部門賞、川場村賞を授与。賞金はなく、それにかわって川場村の米、リンゴ、ブルーベリーなどの地場産品が提供されます。

特典01

グランプリおよび各部門賞、川場村賞を授与。賞金はなく、それにかわって川場村の米、リンゴ、ブルーベリーなどの地場産品が提供されます。

特典02

グランプリ受賞者は、翌年1年にかけて、川場村を撮影対象としたサポートが与えられます。

Scroll Up